グラミン探検隊 フィールドノート オープン

グラミン合同会社(本社:東京都世田谷区)は、2020年6月30日に、「子供の成長を願って、親子の豊かな時間を探求する『グラミン探検隊 フィールドノート』」をリリースした。


 「グラミン探検隊 フィールドノート」(https://note.com/grammin)は、遊びながら、共に学んでいく「アクティビティ」を共有し、すべての親子が豊かな時間を過ごすための知見を広めていくことを目指しています。


ノート note.com(文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービス)上で、様々な家族アクティビティのコンテンツを集積し、情報を広く届けます。



「グラミン探検隊 フィールドノート」とは

「よし今日は休みだ、子供と一緒に何しよう?」と思いたった時、ふと悩むことはありませんか?近所の公園にいくのはもう飽きた。レゴもひとしきり遊んだ。お料理も昨日やった…うーん、あれ、子供と一緒にすることを考えるのって意外と大変?

そう感じている親は多いのではないでしょうか。


せっかく会社に行かないで家にいるのに、子供一緒に過ごす時間が沢山あるのに、どうしていまスマホのニュースを読んでいるのだろう、と反省した経験は誰にでもあるはずです。


「グラミン探検隊 フィールドノート」には、子供と一緒に遊ぶことに長けた親たちのアクティビティが沢山シェアされます。子供と一緒に遊ぶこと、何かに夢中になって過ごすのは本来楽しいこと。子供の頃に探検隊に入りたかった気持ちを思い起こしてみてください。


「グラミン探検隊 フィールドノート」に共有されているアクティビティを雑誌をみるように眺めて、週末の過ごし方、次の夏休みの行先、あるいはライフワークとなるようなプロジェクトを見つけてください。


グラミン探検隊とは


コロナ禍で再発見した「家族」という単位にあらためてフォーカス

2020年、突然の新型コロナウイルス蔓延で社会がロックダウンし、子供たちは学校にいけなくなり、お父さん・お母さんがテレワークをするようになって、家族がいつも一緒にいるという感覚を久しぶりに味わった人も多かったのではないでしょうか。


「児童虐待」、「DV被害」、「コロナ離婚」などの不穏なワードが世間を賑わせましたが、この機会に「家族」という単位に、世界全体があらためてフォーカスをすることになりました。


アクティビティこそが最高の子育て

そうした中、「家族で一緒にできること」を追求することが、親子の豊かな時間を作るということが分かってきました。
「家族で一緒にできること=アクティビティ」を生み出し、共有することには、社会的な意義があるのではないかと考えました。そんな価値観に共鳴した親たちがゆるやかに連帯するのがグラミン探検隊です。幼稚園児〜小学生を子供にもち、仕事をしながら最高の子育てをしたいといつも考えている親たちで運営されています。


面白すぎるアクティビティがプロダクト化する時代

「ステイホーム中に子供と一緒にボードゲームをつくって、プログラミングを学べたら面白そう」そんなアイデアから手作りボードゲームを息子と2人でつくり、友人に配ったところ、あまりにも面白かったので、市販することになった。

そんな一瞬耳をうたがうようなアクティビティこそ、グラミン探検隊が世に生み出したいものです。

この話は実話で、実際にボードゲーム「グラミン探検隊 Grammin Adventure」を7月に第一弾として発売する予定です。


リンク

グラミン探検隊 フィールドノート